UV照度計308型
 信頼性と再現性のあるUV照度計モデル308は、UV光の強度を測定するために設計された精密な測定器です。モデル308の特徴は、光測定用センサー(プローブ)を取り替えるだけ、UVA、UVB及びUVC領域の照度を直接測定できる点にあります。又、高速シリアルポートを装備、オプションソフトウェアパッケージにより測定モード、時間、光波長、シリアル番号、校正日を表示出来ます。
  •  照度計の精度は±3%フルスケール
  •  測定の再現性範囲は±3LSB以内
  •  表示は0.1から1999.9 mW/cm2
  •  照度計の測定直線性は±0.002
  •  光測定センサーのトレーサビリティはアメリカの国立標準技術研究所(NIST)       基準に準拠
  •  少消費エネルギー、読みやすいLCDディスプレイ
  •  測定中に到達した最大強度記録を可能にするピークホールドスイッチを装備
  •  RoHS指令とCE準拠
  •  取り替え可能なシングルまたはデュアル波長センサー(プローブ)
  •  オートレンジデジタル表示
  •  データログイン用高速シリアルポート

 光照度測定用センサー(プローブ)を取り替えるだけで、
UVA領域
365nm, 380nm, 400nm,420nm,436nm及び540nm
UVB領域315nm、280nm
UVC領域220nm, 253.7nm及び260nm
波長のスペクトルを正確に測定出来ます。高性能誘電体光ダイオード及び劣化し難い正確にスペクトルを浸透させる特別なフィルターを採用、直接測定を可能にさせる光センサは、安定性が高く、非常に使用し易い。
 尚、赤外線(IR)放射線レベルの高い環境で測定を実行される場合、高照度用の照度計(308HI)も扱っております。
 
 光照度測定センサーの相対感受性